男の悩み(包茎、ED、薄毛、体臭)対策

包茎と性病の関係

包茎は包茎でない人と比べて、
性病になりやすいと言われています。

代表的なものは、性器クラミジア感染症、尿道炎、
亀頭包皮炎、カンジダ、性器ヘルペスなど、
そしてパートナーの女性が、子宮がんになってしまうリスクまであります。

不妊の原因になるものも含まれます。

原因は、亀頭が包皮の中にある状態なので、
尿などのゴミや垢が溜まりやすく、
清潔に保てないことが挙げられます。

仮性包茎の場合は、むいて洗うことができるので、
清潔に保つことを心がけましょう。

真性包茎の場合はむいて洗うことができません。
できるだけ早い包茎改善が望まれます。

包茎と早漏の関係

包茎だと早漏になりやすいと言われています。
包茎の全ての男性が早漏になるというわけではないのですが、
確率的に言うと、やはり高い確率で早漏になりやすいようですね。

原因としては、普段亀頭が包皮に覆われていることがあげられます。

包茎の状態だと、亀頭が直接刺激を受けることがほとんどありません。
外気にあまり触れないために、皮膚が薄くなっていることもあり、
刺激に対して敏感になってしまっているのです。

また、早漏であるということで、
女性との関係がうまくいかなくなる場合もあります。

男性の早すぎることに不満を抱いている女性は
実に7割近くもいるようです。

包茎が改善され、亀頭が露出されるようになり、
外気や刺激を受けることで皮膚が刺激に慣れることにより、
次第に早漏も改善されるようになります。

そういった意味でも、なるべく早い包茎対策を心掛けましょう。

このページの先頭へ