男の悩み(包茎、ED、薄毛、体臭)対策

包茎手術のメリット、デメリット

包茎手術を選択する場合
自分ではなかなか包茎を改善できない場合、
手術で治すという選択もあります。
最近では盛んに、包茎手術の宣伝がされていて、
気軽な印象を持ちますが、身体に傷をつけることであり、
高額なローンを組まされるケースもありますので、
安易な決断はせず、慎重に、病院、クリニック等を
検討するようにしましょう。

悪徳商法に注意
一部の医院やクリニックでは、
本来手術の必要のない仮性包茎などに対して、
不安をあおり、手術を勧めてくるといった悪徳商法もあるので
注意が必要です。

本当に手術が必要なケース
仮性包茎の場合は、本来手術は必要ありません。
本当に手術が必要なのは、真性包茎で炎症を繰り返す場合や、
本来の機能が損なわれてしまう場合です。
この場合、健康保険適用の範囲の手術となり、
泌尿器科で1~3万円程度で受けることが出来ます。

美容目的の場合
本来手術の必要はないものの、見た目の良さ等の為に手術を受ける場合、
健康保険は適用されず、10万~20万円程度の費用がかかるようです。

費用は安いにこしたことはありませんが、
費用の安さだけにとらわれるのではなく、
信用のできる医院、クリニック選びが大切です。

先にも記載しましたが、
最近では盛んに、包茎手術の宣伝がされていて、
気軽な印象を持ちますが、身体に傷をつけることであり、
高額なローンを組まされるケースもありますので、
安易な決断はせず、慎重に、病院、クリニック等を検討するようにしましょう。

2012年2月2日

このページの先頭へ